公衆栄養学

カレント

カレント

公衆栄養学

〔第2版〕

由田克士押野榮司 編著
森恵子円谷由子逸見眞理子荒井裕介鈴木礼子近藤今子境田靖子大和田浩子土田直美岩橋明子小林陽子三澤朱実 共著

B5/並製/2色/224ページ

発行年月日:2015年9月10日

定価: 2,808円 (本体価格:2,600円)

ISBN:978-4-7679-0555-6

Cコード:C3047

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

管理栄養士養成課程向け教科書新シリーズ。
医師ほか他職種や他分野からの管理栄養士の視点を取り入れるとともに,他教科とのつながりに配慮した。また,公衆栄養プログラムの展開にかかわる部分に紙面を割き,豊富な現場経験のある執筆者の実例をベースにした記述により,理論と実践との関係が無理なくつながるようにした。図・表・写真が要点の理解を助ける。
「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に準拠し内容を見直した第2版。

目次

第1章 公衆栄養の概念

1.公衆栄養の概念
2.公衆栄養活動

第2章 健康・栄養問題の現状と課題

1.社会環境と健康・栄養問題
2.健康状態の変化
3.食事の変化
4.食生活の変化
5.食環境の変化
6.諸外国の健康・栄養問題の現状と課題

第3章 栄養政策

1.わが国の公衆栄養活動
2.公衆栄養関係法規
3.わが国の管理栄養士・栄養士制度
4.国民健康・栄養調査
5.実施に関連する指針,ツール
6.国の健康増進の基本方針と地方計画
7.諸外国の健康・栄養政策

第4章 栄養疫学

1.栄養疫学の概要
2.曝露情報としての食事摂取量
3.食事摂取量の測定方法
4.食事摂取量の評価方法

第5章 公衆栄養マネジメント

1.公衆栄養マネジメント
2.公衆栄養アセスメント
3.公衆栄養プログラムの目標設定
4.公衆栄養プログラムの計画
5.公衆栄養プログラムの評価

第6章 公衆栄養プログラムの展開

1.地域特性に対応したプログラムの展開
2.食環境づくりのためのプログラムの展開
3.地域集団の特性別プログラムの展開