食品の安全性

フードスペシャリスト養成課程

三訂

食品の安全性

日本フードスペシャリスト協会

A5/並製/2色/216ページ

発行年月日:2016年3月1日

定価: 2,268円 (本体価格:2,100円)

ISBN:978-4-7679-0574-7

Cコード:C3077

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

フードスペシャリスト養成課程教科書。
食品が安全であるとはどういうことか。消費者サイドの目線に立つフードスペシャリストに役立つ実践的な内容として,食品衛生の基礎と実際を日常生活や食品流通に即し解説する。
「食品表示法」施行にともなう変更点を盛り込み,また,フードスペシャリスト課程コアカリキュラムや専門フードスペシャリスト「食品開発」「食品流通・サービス」の養成が始まったことを受け,内容を見直した三訂版。

目次

第1章 食品の安全性
1. 私たちが食品に求めるもの
2. 食品生産から最終消費までの一貫した安全性確保
3. 食品の安全性と私たちの食生活

第2章 食品の腐敗・変敗とその防止
1. 食品衛生微生物の基礎知識
2. 食品の腐敗・変敗とその防止法

第3章 食 中 毒
1. 食中毒の分類と発生状況
2. 微生物性食中毒
3. 自然毒食中毒
4. 化学性食中毒
5. 食品が媒介する寄生虫・原虫感染症
6. BSEプリオン

第4章 食品の安全性の確保
1. 食肉・食肉加工品
2. 生鮮魚介類
3. 水産加工食品
4. 野菜・果実類
5. 牛乳・乳製品
6. 鶏卵
7. 惣菜類
8. 弁当,にぎり飯,米飯,調理パン
9. 食用油脂,および油脂を多く含む食品
10. 冷凍食品

第5章 家庭における食品の安全保持
1. まないた,包丁,ふきんと食品
2. 冷蔵庫,冷凍庫と食品
3. 電子レンジと食品
4. 台所用洗剤,漂白剤の使用法
5. 哺乳びん

第6章 環境汚染と食品
1. 環境汚染と食品汚染
2. 有機ハロゲン化合物による食品汚染
3. 内分泌かく乱物質(環境ホルモン)による食品汚染
4. 農薬による食品汚染
5. 有害金属による食品汚染
6. 放射性物質による食品汚染

第7章 器具および容器包装
1. 器具および容器包装とは
2. 容器包装材由来の食品汚染
3. 金属製容器
4. 陶磁器,ホウロウ,ガラス製容器
5. プラスチック製容器
6. レトルトパウチ
7. 器具・容器包装の表示

第8章 水の衛生
1. 水道水
2. 水道水の水質基準
3. 塩素消毒
4. ミネラルウォーター類
5. 水を汚さないために

第9章 食品の安全流通と表示
1. 食品の表示
2. 食品添加物
3. 輸入食品
4. 遺伝子組換え食品
5. 食品とアレルギー
6. 発がん物質

第10章 食品の安全管理
1. リスクアナリシス
2. HACCP(危害分析・重要管理点方式)
3. ISO 9000シリーズとHACCPの関係
4. ISO 22000食品安全マネジメントシステム

付録
インターネットによる食品安全性情報提供源ダイレクトリー