フードスペシャリスト論

フードスペシャリスト養成課程

四訂

フードスペシャリスト論

〔第4版〕

日本フードスペシャリスト協会

A5/並製/2色/208ページ

発行年月日:2017年2月1日

定価: 2,160円 (本体価格:2,000円)

ISBN:978-4-7679-0604-1

Cコード:C3077

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

食品の流通,販売の場で,専門知識と技術をベースに食の情報を提供する専門家-生産者と消費者間で食生活をコーディネートする「フードスペシャリスト」。
フードスペシャリストの意義とその概要,活用など,具備すべき基本知識を習得する。
四訂版では内容構成の見直しまで踏み込み,フードスペシャリストの概念に加え,その責務の項を加え,健康で快適な食生活,食育,健全な食産業ならびに地球環境への貢献等を組み入れた。さらに,2013年3月公表の第3次食育推進基本計画,法令の改正への対応,統計の更新などを行い四訂第4版とした。

目次

1 フードスペシャリストとは
1. 専門職の成立
2. 食の専門職の現状
3. フードスペシャリストの概念
4. フードスペシャリストの業務とその専門性
5. フードスペシャリストの養成と資格
6. フードスペシャリストの活躍分野
7. フードスペシャリストの責務

2 人類と食物
1. 人類の歩みと食物
2. 食品加工・保存技術史

3 世界の食
1. 食作法
2. 食の禁忌と忌避
3. 世界各地の食事情

4 日本の食
1. 日本食物史
2. 食の地域差

5  現代日本の食生活
1. 戦後の食生活の変化
2. 食生活の現状と消費生活
3. 食生活の変化と食産業
4. 食料の供給と食料自給率
5. 環境と食

6 食品産業の役割
1. フードシステムと食品産業
2. 食品製造業の規模と動向
3. 食品製造業の目的と特徴
4. 食品卸売業
5. 食品小売業
6. 外食産業

7 食品の品質規格と表示
1. 食品の品質規格,表示にかかわる法律
2. JAS法による規格
3. 食品表示法による表示
4. 健康や栄養に関する表示制度
5. その他の法律による表示
6. コーデックス(Codex)規格

8 食情報と消費者保護
1. 食情報の発信と受容
2. 食情報の濫用
3. 食品の情報管理
4. 食品の安全
5. 消費者保護の制度