保育・幼児教育方法

幼児理解からはじまる

保育・幼児教育方法

小田豊中坪史典 編著
上田敏丈岡田たつみ奥山優佳香曽我部琢後藤範子 他共著

B5/並製/144ページ

発行年月日:2009年12月20日

定価: 1,944円 (本体価格:1,800円)

ISBN:978-4-7679-3259-0

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

保育者に求められる4つの専門性とは?
幼児理解を起点に,保育を計画し,実践し,省察することで,新たな幼児理解を再構成するという保育実践のサイクルモデルを提示。
保育の質を高める保育方法を,多数の事例を紹介しながら学習する。
保育者養成校の学生のみならず,現場の保育者の方も対象としたテキスト。

目次

1章 幼児理解と保育者の援助
2章 保育の計画(カリキュラム・デザイン)と環境構成
3章 幼児の遊びと発達
4章 登降園場面における保育者の援助と保護者対応
5章 幼児の遊びの発展と保育者の援助
6章 協同する経験と保育者の援助
7章 幼児同士のトラブルと保育者の援助
8章 食育に関する活動と保育者の援助
9章 「障害児」への理解と援助の方法
10章 連続性を踏まえた保育と保育者の援助
11章 家庭との連携と保育者の援助
12章 保育者の省察を促すための保育記録
13章 保育者の省察とカンファレンス