生活支援のための調理実習

生活支援のための調理実習

〔第2版〕

田﨑裕美中川英子 編著
上杉智祥大塚順子奥田都子桂木奈巳河田隆倉田あゆ子奈良環古川和稔古川繁子増田啓子松田佳奈水野三千代百田裕子 共著

B5/並製/144ページ

発行年月日:2014年9月1日

定価: 2,052円 (本体価格:1,900円)

ISBN:978-4-7679-3375-7

Cコード:C3036

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

本書では,新カリキュラムで不足している調理支援に関する内容を基礎から応用まで体系的に構成し,専門職間連携の視点からも学べるように配慮した。
全体を三部構成とし,第Ⅰ部「調理支援のための基礎知識」では,生活支援と調理,レクリエーションと調理支援,リハビリテーションと調理支援,社会福祉援助技術と調理支援という視点から,「調理支援」と他の専門分野との連携についてまとめた。
第Ⅱ部「家庭生活と調理支援」では,食生活に関連する知識を,生活経営分野,被服生活分野,住生活分野の物的環境面に関する内容で構成することで,食生活を生活環境全体から捉えた。
本書の中心となる第Ⅲ部は15章から成り,調理の基本,介護現場での調理支援,基本の調理(和食,洋食),疾病別コントロール食や摂食機能障害と調理,調理支援活動,食文化と調理,レクリエーションと調理の5つの内容で構成した。

「介護現場での調理支援」に必要な知識や技術について,新カリキュラムの目標にも対応した新たな内容のテキスト。
食事摂取基準2015年版,食品交換表の改訂に対応した第2版。

目次

Ⅰ.調理支援のための基礎知識
1.調理支援のために心がけること

Ⅱ.家庭生活と調理支援
2.調理支援と家計・家庭・地域
3.調理支援と物理的環境

Ⅲ.調理支援
4.調理の基本
5.介護現場での食生活支援と調理
6.介護食の調理
7.調理の基本――和風の献立①
8.調理の基本――和風の献立②
9.調理の基本――和風の献立③
10.洋風の献立
11.調理活動の支援
12.家庭にある食材を使って
13.高齢者の疾病と調理――エネルギーのコントロール
14.たんぱく質コントロール食の献立
15.食塩コントロール食の献立
16.脂質や無機質のコントロールと食物繊維の摂取
17.行事食・郷土食の献立
18.レクリエーション活動とおやつ作り