患者・看護論

新 医療秘書医学シリーズ

新 医療秘書医学シリーズ 6

患者・看護論

医療秘書教育全国協議会
井上肇 責任編集
星野有史上谷いつ子宮城領子 共著

B5/並製/144ページ

発行年月日:2012年12月25日

定価: 2,160円 (本体価格:2,000円)

ISBN:978-4-7679-3722-9

Cコード:C3047

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

医療秘書・医療事務職の業務を行う上で必要な知識と技術を学ぶためのテキストシリーズ。
医療秘書技能検定試験2級のガイドラインに準拠した標準テキスト。

「患者論」と「看護論」の2部構成で展開。
患者論では,患者の心理,社会的側面についての理解,社会福祉実践の方法などを学習する。実際の難病体験も掲載されており,医療専門職へのメッセージがちりばめられ説得力のある内容となっている。
看護論では,前半で看護の目的と役割,しくみ,倫理など看護の基礎知識を学習した上で,後半では実践的な内容を取り上げ,外来・入院・退院時,死亡時の看護および基礎的援助技術など医療事務実践に活用できる内容となっている。

目次

患者論
 Chapter1 医療・福祉専門職の実践的対応
 Chapter2 障害者の生活課題と福祉・リハビリテーション
 Chapter3 患者の自己実現と社会福祉教育
看護論
 Chapter4 看護の基礎知識
 Chapter5 看護サービス提供のしくみ
 Chapter6 看護の援助技術
 Chapter7 看護技術の実際
 Chapter8 老年期の患者の看護