セミナー子どもの食と栄養

改訂

セミナー子どもの食と栄養

上原誉志夫根岸由紀子 編著
林淳三 初版編者
大和田浩子三幣周子千賀靖子濵口郁枝船越利代子吉井美奈子吉田惠子 共著

B5/並製/2色/224ページ

発行年月日:2016年3月25日

定価: 2,808円 (本体価格:2,600円)

ISBN:978-4-7679-5041-9

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

平成23年度より実施の保育士養成課程新科目「子どもの食と栄養」に対応した教科書。
子どもの発達段階の栄養知識・技術の解説のみではなく,子どもの栄養と食事バランス,栄養アセスメント,食事アレルギーから食育や世界の子どもの栄養問題まで幅広く学習する。
前身書『あたらしい小児栄養』(2007年初版発行)をもとに,新しいカリキュラムを踏まえ最近の子どもの食や栄養を取り込み,2年制のみならず4年制大学の保育士養成課程にも適用できる内容とした。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」のほか,最新の成果を取り入れ内容を大幅に見直した改訂版。また,改訂にあたって基礎栄養学的な内容をさらに加筆し,「栄養と代謝」「食物アレルギー」「感染症」といった項目についてもこれまで以上に記述を充実させた。

目次

第1章 世界における子どもの栄養問題
第2章 子どもにとって食・栄養がなぜ大切か
第3章 栄養の基礎知識と消化・吸収にかかわる主な器官とその発達
第4章 栄養バランスのとれた食事とは
第5章 胎児期の栄養と母体(妊娠・授乳期)の栄養と特徴
第6章 乳児期の栄養・食生活の特徴
第7章 幼児期の栄養・食生活の特徴
第8章 学童期・思春期の栄養・食生活の特徴
第9章 食育の基本
第10章 子どもの食事と栄養
第11章 子どもの疾患と栄養―小児の疾患は年齢により特徴がある

資料
日本人の食事摂取基準(2015年版)
食生活指針
妊産婦のための食生活指針
成長期のための食生活指針
保育所における食育に関する指針