家庭支援論

保育者が学ぶ

家庭支援論

〔第2版〕

植木信一 編著
小野智明角張慶子小久保裕美竹並正宏梨本竜子野島正剛橋本景子廣井茂道松本潤義永睦子 共著

A5/並製/184ページ

発行年月日:2016年6月1日

定価: 1,944円 (本体価格:1,800円)

ISBN:978-4-7679-5042-6

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

平成23年度より実施の保育士養成課程新科目「家庭支援論」に対応する教科書。
「家庭生活上のセーフティ・ネット」としての家庭支援を提供する際には,マンパワーとしての専門的力量が必要となる。
本書では実例も盛り込みながら,マンパワーとしての実践への家庭支援について述べ,家庭支援に対する多様なアプローチに応えられるよう記述する。

「子ども・子育て支援新制度」に対応して記述を見直した第2版。

目次

第1章 家庭と保育
1 保育の対象としての家庭支援
2 家庭支援の必要性について
3 福祉サービスと家庭支援
4 保育所保育指針にみる家庭支援の基本的視点

第2章 家庭生活を取り巻く社会的環境とその変容
1 社会的状況の中で揺れる家族
2 ワーク・ライフ・バランスについて

第3章 家庭支援の視点
1 家庭を支援するということ
2 施策から実践への枠組み
3 家族関係と家庭支援の方法

第4章 家庭支援のための法制度と社会資源(関係機関)
1 法制度・社会資源(関係機関)を学ぶ意味
2 法制度
3 主な社会資源(関係機関)
4 子育て支援における社会資源(関係機関)との連携

第5章 子育て支援サービスの意義と実際
1 子育て支援サービスの意義
2 子育て支援サービスプランの沿革
3 子育て支援サービスの内容
4 これからの子育て支援サービスに求められる姿と保育者の姿勢

第6章 保育の場における日常的な家庭支援
1 保育施設での日常生活における支援
2 放課後児童クラブにおける支援

第7章 地域子育て支援活動における家庭支援
1 地域子育て支援における家庭支援
2 地域における多様な家庭支援

第8章 対象別に見た家庭支援
1 障がいのある子どものケースへの対応
2 要保護児童への対応
3 さまざまな形の家庭への支援―ひとり親家庭,再婚家庭など―
4 多文化化への対応

第9章 家庭支援のためのソーシャルワーク
1 ソーシャルワークの実践方法
2 ソーシャルワークのプロセス
3 保育現場に活用できる援助技術

第10章 家庭支援のためのカウンセリングマインド
1 対人関係の基本
2 保育者による家庭支援
3 大切な心理的ケア

家庭支援に役立てる事例集
事例1 登園をしぶる子どもの「家族」への支援
事例2 登園をしぶる「子ども」の心の理解
事例3 相談を受ける際に必要な姿勢と問題把握
事例4 新人保育士と保護者とのかかわり
事例5 保護者の生活パターンと子どもへの影響
事例6 次々と質問を繰り返す保護者への対応
事例7 子どものけんかと保護者同士の関係
事例8 保護者と子どもの気持ちのずれ
事例9 子どもの障がいを認めない保護者
事例10 自閉傾向の子どもと保育所のトイレ