社会的養護内容演習

社会的養護内容演習

安藤和彦石田慎二山川宏和 編著
阪野学高市勢津子細井宏俊藪一裕尾﨑剛志箱田成司河野清志 共著

B5/並製/152ページ

発行年月日:2017年3月15日

定価: 2,160円 (本体価格:2,000円)

ISBN:978-4-7679-5054-9

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

目次

第 1 部  社会的養護の体系と課題,権利擁護・保育士の倫理
序章 社会的養護の機能と仕組み
1.社会的養護の理念と機能
2.社会的養護の実施体系
3.里親制度の概要
第1章 社会的養護の課題
1.社会的養護の共通事項の課題
2.施設の小規模化と家庭的養護の推進
演習① 社会的養護を必要とする子どもたちの代替養育
第2章 社会的養護を利用する子どもの権利擁護
1.社会的養護と子どもの権利
2.社会的養護における権利擁護の取り組み
演習② 子供の意見表明権の保障
第3章 社会的養護にかかわる保育士の倫理および責務
1.社会的養護にかかわる保育士の役割
2.社会的養護にかかわる保育士の倫理に関する指針
演習③ 施設での生活になじめない入所児童への対応

第 2 部  社会的養護の支援の計画と内容
第4章 社会的養護における記録と評価
1.社会的養護における記録
2.社会的養護における評価
演習④ ジェノグラムとエコマップを用いたグループワーク
第5章 施設入所と個別支援計画(アドミッションケア)
1.社会的養護施設への入所と個別支援計画
演習⑤-1 施設入所に向けての不安に対する支援 
2.障害児入所施設への入所と個別支援計画
演習⑤-2 入所に至る家族・本人・児童相談所の意向
第6章 社会的養護施設による日常生活支援(インケア)
1.施設の日常生活
2.基本的生活習慣の確立
3.治療的支援
演習⑥-1 緊急の入所で,施設の生活になじむことができない
演習⑥-2 問題が行動化しており,治療が必要な子ども
第7章 障害児入所施設における日常生活(インケア)
1.施設の日常生活
2.基本的生活習慣の確立
3.治療的支援
演習⑦-1 自立支援の在り方を考える
演習⑦-2 必要なことを伝えるコミュニケーション
第8章 自立支援と退所後の支援(リービングケア・アフターケア)
1.社会的養護施設における自立支援と退所後の支援
2.障害児入所施設における自立支援と退所後の支援
演習⑧-1 自立支援と退所後の支援(大学進学と費用の問題)
演習⑧-2 自立支援と退所後の支援(自立に向けての困難)

第 3 部  社会的養護にかかわる専門的技術
第9章 基本的生活習慣にかかわる専門的技術
1.衣食住
2.身辺自立
3.余暇活動
演習⑨-1 施設内での問題行動への対応
演習⑨-2 施設のルールについて(自治会活動)
第10章 学習・学校にかかわる専門的技術
1.学習支援
2.学校との連携と学校生活
3.進路・進学の支援
演習⑩ 進路・進学について考えてみよう
第11章 対人関係・社会生活にかかわる専門的技術
1.対人関係にかかわる支援
2.社会生活にかかわる支援
演習⑪ 癇癪を起す子どもへの対応(外在化)
第12章 家庭支援のためのソーシャルワーク
1.家庭との連携
2.親子関係の再構築に向けた支援
演習⑫ 施設職員と利用者家族のロールプレイ
第13章 里親委託児童の支援
1.里親委託児童の養育
2.実家族との交流
3.養子縁組制度
演習⑬ 委託の背景が異なる3人の里子の養育への支援