子ども家庭福祉

シードブック

シードブック

子ども家庭福祉

〔第3版〕

浅井春夫 編著
大澤朋子野津牧西垣美穂子村井美紀亀井聡山田勝美中村強士藤野ゆき村山祐一鈴木勲片岡志保所貞之家村昭矩岡桃子 共著

A5/並製/200ページ

発行年月日:2017年6月15日

定価: 2,052円 (本体価格:1,900円)

ISBN:978-4-7679-5058-7

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

保育士養成,社会福祉士養成の「児童家庭福祉」の教科書。
「子ども家庭福祉」は何を大切にして,何をしていくのかを考える。
子どもと家庭,児童家庭福祉政策の現状を,より現実に即し記述。
世界の子どもたちの現状にも目を向ける。
復習、発展学習のために各章末にテーマを示す。

最新の動向を盛り込んだ第3版。

目次

人生はじめての社会保障としての「子ども家庭福祉」
第Ⅰ部 子ども家庭福祉の基本理念
第1章 子どもの貧困と子ども家庭福祉―その理念と概念
1.貧困・格差の中の子どもたち―30の現実
2.子どもの生活のしくみと社会的背景
3.人生はじめてのセーフティネットとしての「子ども家庭福祉」
4.「子ども家庭福祉」の理念と概念
第2章 世界の子どもと日本の子ども
1.世界の子ども問題クイズ
2.貧困問題と世界の子ども
3.戦争の中の子ども
4.グローバルな視点からみた子ども家庭福祉の課題
第3章 子どもの人権と権利擁護
1.子どもの権利は守られているか―どんな現実があるか
2.子どもの権利条約と乳児期の権利
3.子どもの権利擁護システム
4.児童福祉施設における子どもの権利擁護に課題
第4章 少子化社会と少子化対策・保育政策
1.少子化時代の到来―少子化,何が問題?
2.少子化社会の中の男女共同参画社会―ライフスタイルの多様化と支援
3.少子化社会の中の少子化対策・保育政策
第Ⅱ部 子ども家庭福祉問題と法・制度
第5章 子ども虐待,ドメスティック・バイオレンス
1.子ども虐待の急増と社会的背景
2.子ども虐待の種類と実際
3.ドメスティック・バイオレンスの急増とその社会的背景
4.子ども虐待,ドメスティック・バイオレンス防止のしくみ
第6章 社会的養護体系と子ども家庭福祉の課題
1.児童養護問題とは何か―戦後の変遷と事例の紹介
2.社会的養護の体系―施設養護と里親・グループホーム
3.施設養護の実際
4.社会的養護の課題と展望
第7章 児童福祉施設の役割と機能
1.児童福祉施設の体系と種類
2.児童福祉施設の役割とは何か
3.児童福祉施設の中の暮らし
4.児童福祉施設の運営と実践の課題
5.おわりに―これからの児童福祉施設の役割と機能
第8章 保育問題とその制度・政策
1.現代の保育問題とは何か
2.保育制度の概要と課題
3.学童保育制度の概要と課題
4.政策づくりの視点と方法
5.保育制度・政策をめぐる論点
第9章 子育て支援策の広がりと課題
1.現代社会における子育ての実際
2.子育て支援の社会的しくみ
3.地域の子育て支援の取組み
4.子育て支援をめぐる課題
第Ⅲ部 子ども家庭福祉のしくみと歴史
第10章 子ども家庭福祉の法制度と行政のしくみ
1.子ども家庭福祉の法体系
2.子ども家庭福祉の財政
3.子ども家庭福祉の実態と課題
第11章 子ども家庭福祉の行財政と実施機関
1.子ども家庭福祉の財政のしくみ
2.児童相談所の役割と機能―相談,調査判定,措置,一時保護
3.子ども家庭福祉の実施機関―児童福祉審議会,福祉事務所(家庭児童相談室),保健所など
4.行政の中の諸機関と要保護自動対策地域協議会
第12章 子ども家庭福祉を担う専門職員
1.子ども家庭福祉の機関と施設の専門職員
2.子ども家庭福祉の職員の専門性
3.専門職員の喜びと苦悩―児童養護施設の職員
4.専門職員をめぐる課題
第13章 わが国の子ども家庭福祉の歴史
1.第二次世界大戦前の子ども家庭福祉
2.第二次世界大戦後の子ども家庭福祉
3.平成期の子ども家庭福祉
4.21世紀の子ども家庭福祉
第Ⅳ部 子ども家庭福祉の動向と展望
第14章 専門機関の連携とコミュニティのネットワーク
1.子どもにとってのコミュニティとは何か
2.子ども家庭福祉の中の専門機関の連携
3.ネットワークづくりの必要性と困難
4.ネットワークづくりの課題
第15章 世界の子ども家庭福祉の動向
1.国によって違う「子ども家庭福祉」
2.アメリカ・イギリス・ニュージーランド
3.西ヨーロッパ諸国
4.スカンディナビア諸国
5.アジア諸国
6.世界の「子ども家庭福祉」から学ぶこと