保育者論

シードブック

シードブック

改訂

保育者論

〔第3版〕

榎田二三子大沼良子増田時枝 編著
石井雅小倉常明木村英美小泉裕子竹石聖子塚田幸子永倉みゆき浜口順子嶺村法子室久智雄矢田美樹子渡辺佳子 共著

A5/並製/208ページ

発行年月日:2017年10月5日

定価: 2,160円 (本体価格:2,000円)

ISBN:978-4-7679-5059-4

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

教師論の科目に対応しつつ,保育士養成向けの内容も包含。保育者の実際に触れ,職業としてイメージしやすいように編集。
学生自身が各章の内容から,求められる心構えや知識,考え方,方法をつかみ,自分自身を見つめ,さらには自分の課題を見いだして,自身の保育者像を描けるように意図する。

2017年3月告示の幼稚園教育要領・保育所保育指針・幼保連携型認定こども園教育・保育要領に合わせて改訂。

目次

第1章 保育者になるということ
1.「育てられる人」から「育てる人」へ
2.やってみよう,感じてみよう,考えてみよう
第2章 保育の本質
1.保育とは何か
2.保育者の子ども観・保育観
第3章 保育実践と保育者
1.幼稚園における子どもとのかかわり
2.保育所における子どもとのかかわり
第4章 豊かな環境をつくる保育者
1.環境と保育
2.子どもの生活を支える環境
3.環境の再構成と活動の展開・発展
4.豊かな環境を作るために
5.保育の展開と評価
第5章 保育者の協働
1.求められる保護者支援
2.保護者との協働の実際―子育てのパートナーシップとして
3.地域に開かれた保育―子育てコミュニティーの中核として
4.専門職間および専門機関との連携
5.家庭的保育者等との連携
第6章 小学校の先生と連携する保育者
1.幼稚園・保育所等から小学校への段差とは
2.子ども達の交流活動
3.大人達の連携
第7章 学び,成長する保育者
1.保育者になるための学び
2.専門性の向上
3.学び続ける保育者
第8章 保育者のキャリア形成と生涯発達
1.幼稚園における保育者
2.保育所における保育者
3.児童福祉施設における保育者
第9章 法令で定められた保育者の責務
1.法令と保育者
2.教育・保育の基本に関する法令
3.免許状・資格に関する法令
4.幼稚園教諭・保育士・保育教諭の職責に関する法令
5.保険・安全に関する法令と保育者
6.保育事故と保育者の法的責任に関する法令
第10章 歴史から学ぶ保育者のあり方
1.保育者の誕生期
2.大正,昭和初期にみる幼稚園教育の普及と幼稚園保姆の地位
3.戦後の保育制度と保育者
4.昭和30年代~昭和後期にみる専門家としての保育者像
5.子どもを取り巻く環境の変化と保育者に期待される役割
第11章 子育て環境と保育者の役割の変化
1.少子化と保育
2.地域の子育て家庭と保育
3.個別のニーズと保育
4.多様化する保育と保護者支援
5.多様なニーズへ対応する保育者への期待