Nブックス

五訂 公衆衛生学

  • 日本人の食事摂取基準(2020年版)対応
著 者
発行年月日
2020年3月10日
ISBN
978-4-7679-0642-3
Cコード
C3047
関連タグ
定価 3,080(本体価格:2,800円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub

建帛社で購入(代金引換決済)

 買い物カゴに入れる

内容紹介

管理栄養士・栄養士養成課程向け教科書。 各種保健統計や疫学,保健・医療・福祉・介護の制度など幅広い内容をわかりやすくまとめた。 2019年公表の管理栄養士国家試験ガイドラインの改定に準拠。最新法令や統計情報などに基づいて内容をアップデートした五訂版。

まえがき

はじめに

 平成14年4 月から,従来「複雑又は困難な業務」としか記されていなかった管理栄養士の業務が,「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導,個人の身体の状況,栄養状態等に応じた高度の専門知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導,並びに特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況,栄養状態,利用の状況等に応じた特別な配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者」にあらためられた。そしてこれをもとに管理栄養士,栄養士養成施設のカリキュラムの改正及び管理栄養士国家試験出題基準が定められた。新カリキュラムによると従来,公衆衛生学として授業されていた項目がなくなり,管理栄養士養成施設では,『社会・環境(人間や生活)と健康』,栄養士養成施設では『社会生活と健康』となった。

 すなわち『社会・環境と健康』では教育目標が「人間や生活についての理解を深めるとともに,社会や環境が人間の健康をどう規定し左右するか,あるいは,人間の健康を保持増進するための社会や環境はどうあるべきか等社会や環境と健康の関わりについて理解する。」とあり,①人間や生活を生態系に位置付けて理解する。②人間の行動特性とその基本的メカニズムを理解する。③社会や環境と健康との関係を理解するとともに,社会や環境の変化が健康に与える影響を理解する。④健康の概念,健康増進や疾病予防の考え方やその取り組みについて理解する。⑤健康情報の利用方法,情報管理や情報処理について理解する。⑥保健・医療・福祉・介護システムの概要を理解する。となっている。

 また『社会生活と健康』では「社会や環境と健康との関係を理解するとともに,保健・医療・福祉・介護システムの概要について修得する。公衆衛生学,社会福祉概論を含むものとする。」となっている。

 しかし管理栄養士国家試験出題基準をみると,健康の定義から始まって,その内容は従来の公衆衛生学とあまり変わっていない。ただ順番が違っていたり,内容に若干のズレがあったりしている。

 従って本書は従来の体系は維持しながらも,できるだけ忠実に管理栄養士国家試験出題基準に沿うように心がけた。

 新しい管理栄養士養成施設のカリキュラムが始まって平成18年第1回目の卒業生を迎え,国家試験も従来とは異なったものが出題された。その合格者は同年5月に発表されたが,合格した者,不合格だった者,それぞれ悲喜こもごもである。また昨年から養成校別に合格者数,合格率が発表されたので,学校にとっても同じである。こうした状況が来年以降も続くであろう。我々は希望者が全員,試験に合格できることを祈るとともに本書が少しでも試験に役立てば幸いである。

平成19 年3 月

苫米地孝之助 


五訂にあたって

 2002(平成14)年度に管理栄養士国家試験の出題基準の大幅な変更があり,その後も小幅な改定がなされてきた。改定初期には中項目の変更を中心になされてきたが,しだいに10分野の中でも「応用問題」を増加させることに重点が移ってきている。

 2020(令和2)年度から実施される,第34回国家試験へ向けた出題基準の改定では,全問題数に変化はなく,「応用問題」が20 問から30 問に大幅増加され,その分,各分野は1〜2問削減された。これは,理論的な事柄よりも臨床を重視し,現場で役立つ人材を育成するという意図に基づくものと考えられる。

 公衆衛生分野である「社会・環境と健康」領域においても16問に減じる一方で応用問題は4問となった。これに対応すべく,今回の本書の改訂に当たっては,新出題基準に示された項目の変更に対応することと併せ,実地・臨床的な内容の充実を念頭に置き,実践現場でより能力を発揮できる,新時代にふさわしい記述を目指した。

令和2 年3 月

編者を代表して 中村信也

目 次

第1章 公衆衛生の意義

1.健康の概念

2.公衆衛生の概念

3.社会的公正と健康格差の是正

第2章 環境と健康

1.生態系と人々の生活

2.環境汚染と健康影響

3.環境衛生

第3章 保健統計

1.保健統計の概要

2.保健統計調査

3.人口静態統計

4.人口動態統計

5.生命表と平均余命

6.傷病統計

7.その他の保健統計

第4章 健康状態・疾病の測定と評価

1.疫学の概念

2.疫学の指標

3.疫学の方法

4.バイアス,交絡の制御と因果関係の判定

5.スクリーニング

6.根拠(エビデンス)に基づいた医療(EBM)および保健対策(EBPH)

7.疫学研究と倫理

第5章 生活習慣の現状と対策

1.生活習慣病

2.身体活動

3.喫  煙

4.飲  酒

5.睡眠・休養とストレス

6.歯科保健行動

第6章 主要疾患の疫学と予防対策

1.主要部位のがん(悪性新生物)

2.循環器疾患

3.代謝疾患

4.骨・関節疾患

5.感 染 症

6.精神疾患

7.その他の疾患

8.高齢期の疾患・機能障害(低栄養・フレイル)

9.自殺,不慮の事故,虐待・暴力

第7章 保健・医療・福祉・介護の制度

1.社会保障

2.保健・医療・福祉における行政の仕組み

3.医療制度

4.福祉制度

5.地域保健

6.母子保健

7.成人保健

8.高齢者保健・介護

9.産業保健

10.学校保健

11.国際保健

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数 Nブックス
書籍名 五訂 公衆衛生学
著 者
分 野
シリーズ Nブックス
ISBN 978-4-7679-0642-3
Cコード C3047
定 価 3,080円 (本体価格:2,800円)
発行年月日 2020年3月10日
版型・装丁 B5 並製 2色
ページ数 240ページ
関連タグ