Nブックス

五訂 応用栄養学

  • 日本人の食事摂取基準(2020年版)対応
著 者
発行年月日
2020年3月25日
ISBN
978-4-7679-0648-5
Cコード
C3047
関連タグ
定価 3,300(本体価格:3,000円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub

建帛社で購入(代金引換決済)

 買い物カゴに入れる

内容紹介

管理栄養士・栄養士養成課程教科書。栄養状態や心身機能に応じた栄養マネジメントの考え方が出来るように配慮し,ライフステージごとの特性を十分理解した上で実践に展開できるようまとめる。「日本人の食事摂取基準(2020年版)」に沿った五訂版。

まえがき

はじめに

 日本は急速に高齢化が進み,2018(平成30)年の厚生労働省調査の平均寿命では,男性は81.25 歳,女性は87.32 歳であり,世界有数の長寿国となっている。健康で長寿を全うできるならば,これ以上の幸せはないが,一方で,高齢化に伴い,糖尿病・高血圧症・脂質異常症・循環器病・がん・骨粗鬆症などの生活習慣病,要介護者や高齢者世帯が増加し,その対策が重要な課題となっている。

 そこで2000(平成12)年に,寝たきりや認知症などによる要介護状態でなく生活できる期間(健康寿命)を延伸し,すべての国民が健やかで活力ある社会とするための対策として,「21 世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」が策定された。そして,健康日本21 最終評価を踏まえて,2013(平成25)年には「健康日本21(第2 次)」が策定されたが,主な目標として健康寿命の延伸と健康格差の縮小,生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底が取り上げられている。栄養・食生活,身体活動・運動,休養,飲酒,喫煙,歯・口腔の健康について,2022(令和4)年度に到達すべき具体的な目標が設定され,2018(平成30)年には中間評価がなされている。これらの生活習慣の改善を含めた健康づくりの推進には,国民の健康維持・増進,疾病予防を目的として,保健・医療・福祉・教育など多方面にわたって食事・栄養管理の業務に携わる専門家の養成が急務である。

 本書『応用栄養学』刊行の目的は,まさにそこにあり,人が誕生してから一生を終えるまで,すなわち妊娠や分娩,成長,加齢などに伴う人体の構造や機能の変化,栄養状態の変化などについて理解し,さらに対象者の栄養状態や心身機能に応じた栄養管理(栄養ケア・マネジメント)の基本的な考え方を修得することである。また,食事摂取基準策定の考え方や科学的根拠を理解し,健康維持・増進および疾病予防のための食事摂取基準に基づいた食事改善の計画と実施,健康に影響を及ぼすリスクの管理について基本的な考え方や方法を修得することを目的としている。

 本書の構成にあたっては,管理栄養士養成におけるモデルコアカリキュラム,管理栄養士国家試験出題基準(ガイドライン)の内容を検討し,栄養士・管理栄養士が専門職として栄養状態や心身機能に応じた栄養管理ができるよう配慮した。つまり,ライフステージごとに,身体および精神の両面についてその特性を十分理解し,その上で各期の望ましいエネルギーや栄養素摂取量を実際の食生活に展開できるようにした。紙面構成としては,図表を大きくし,視覚からの理解の一助とし,重要な事項・用語,図中のポイントは色刷りで表し,知識修得の効率化を図っている。また,五訂版の刊行にあたり,「日本人の食事摂取基準(2020 年版)」の趣旨に則るとともに,最新の「国民健康・栄養調査」の集計結果に沿い,管理栄養士国家試験対策書として基本的な知識が修得できるように配慮した。

 そのために,本書の執筆者は栄養士・管理栄養士育成に情熱的な,かつそれぞれの分野に精通した教育者,研究者で構成し,執筆にあたっては各ライフステージの特性に合わせて執筆者の意見を尊重した。

 なお,今般の五訂版の改訂にあたり,本書初版から編者を務めていただいた江澤郁子先生は,ご高齢のため編者を辞され,新しく麻見が編者として加わった。また,一部の共著者についても新たな方をお迎えし,前版にもまして充実した内容をめざした。

 本書は,栄養士・管理栄養士の養成,国家試験対策書として重要な示唆を与えるものと確信している。より役立つ書にするためにも,ご利用された方々のご指摘,ご指導をお願いする次第である。

2020年2月

   編者 津田博子

   麻見直美

目 次

第1章 栄養ケア・マネジメント

1.栄養ケア・マネジメントの概念

2.栄養アセスメント

3.栄養ケア計画の実施,モニタリング,評価,フィードバック

第2章 食事摂取基準の基礎的理解

1.食事摂取基準の意義

2.食事摂取基準策定の基礎理論

3.食事摂取基準活用の基礎理論

4.エネルギー・栄養素別食事摂取基準

第3章 妊娠期・授乳期の栄養

1.妊娠期・授乳期の生理的特徴

2.妊婦・授乳婦の食事摂取基準

3.妊娠・授乳期の栄養アセスメントと栄養ケア

第4章 新生児期・乳児期の栄養

1.新生児期・乳児期の生理的特徴

2.新生児期・乳児期の食事摂取基準

3.新生児期・乳児期の栄養アセスメントと栄養ケア

第5章 成長期の栄養

1.成長期の生理的特徴

2.小児の食事摂取基準

3.幼児期の栄養アセスメントと栄養ケア

4.学童期の栄養アセスメントと栄養ケア

5.思春期の栄養アセスメントと栄養ケア

第6章 成人期の栄養

1.成人期の生理的特徴

2.成人期の食事摂取基準

3.成人期の栄養アセスメントと栄養ケア

第7章 高齢期の栄養

1.高齢期の生理的特徴

2.高齢期の食事摂取基準

3.高齢期の栄養アセスメントと栄養ケア

第8章 運動・スポーツと栄養

1.運動・スポーツの代謝特性

2.運動(身体活動)の健康への影響:メリット・デメリット

3.運動者・スポーツ競技者における栄養アセスメント

第9章 環境と栄養

1.生体リズムと栄養

2.ストレスと栄養ケア

3.特殊環境と栄養ケア

4.火災時の栄養

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数 Nブックス
書籍名 五訂 応用栄養学
著 者
分 野
シリーズ Nブックス
ISBN 978-4-7679-0648-5
Cコード C3047
定 価 3,300円 (本体価格:3,000円)
発行年月日 2020年3月25日
版型・装丁 B5 並製 2色
ページ数 280ページ
関連タグ