教育におけるグローバル化と伝統文化

教育におけるグローバル化と伝統文化

国立大学法人 山口大学大学院東アジア研究科 編著
福田隆眞石井由理 責任編集

A5/上製/208ページ

発行年月日:2014年3月20日

定価: 3,456円 (本体価格:3,200円)

ISBN:978-4-7679-7049-3

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

国際化の中でのアジアの国や地域の伝統文化の教育について,14本の論文で構成。
言語,歴史,美術,音楽,国際理解教育の分野における伝統文化に焦点を当て,日本,台湾,中国,シンガポール,マレーシアを対象として各国の研究者が自国教育の国際化を論考する。

目次

第1章 グローバル化時代の国際理解と伝統文化
第2章 グローバル化,文化的継承,そして教育;中国の苦闘と体験
第3章 文法ルールの言語教育
第4章 東アジア伝統社会論と近世日本
第5章 「伝統や文化」の教育における論点と実践課題;
     小学校社会科教育の題材から
第6章 「美感と創新」;藝術教育の過去,現在と未来
第7章 韓国の学校教育におけるグローバル化と伝統文化教育
第8章 マレーシアの美術教育にみられる伝統文化と視覚言語
第9章 シンガポールの美術教育における伝統文化と現代化
第10章 美術教育における日本の伝統文化に関する指導の一事例
第11章 グローバル化と伝統文化;シンガポールの音楽教育に関する視点
第12章 台湾と中国本土の学校音楽教育における大衆歌曲の活用に関する比較研究
第13章 音楽家教育と文明受容型国際化;三期の歴史的視座からの検討を中心に
第14章 日本伝統音楽の魅力を探る;歌舞伎「勧進帳」の鑑賞