栄養教育論演習

栄養教育論演習

〔第2版〕

岡﨑光子饗場直美 編著
風見公子神田あづさ古賀みのり高橋章辻雅子土屋ひろ子角田伸代坪田(宇津木)恵寺澤洋子長幡友実馬渡一諭三好恵子山内惠子渡邉純子 共著

B5/並製/152ページ

発行年月日:2015年4月1日

定価: 2,268円 (本体価格:2,100円)

ISBN:978-4-7679-0545-7

Cコード:C3047

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

栄養アセスメントから計画,実施,そしてその評価までに必要な方法や技術を事例にそって習得できる。
また各章の豊富な事例を実践することで対人コミュニケーション力を養うことも主眼としている。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に準拠し内容を改めた第2版。

目次

1章 栄養教育実習の概要
 1. 栄養教育の意義と目的
 2. 栄養教育演習の目的
 3. 栄養教育の展開
 4. 栄養教育演習の展開
2章 栄養アセスメント
 1. 栄養教育に必要なアセスメント
 2. 食事調査
 3. 栄養状態を診断する
 4. 給与栄養目標量の設定
3章 栄養教育計画
4章 栄養教育の実施
 1. 栄養教育に使われる理論
 2. 個人を対象とした栄養教育の実践
 3. 集団を対象とした栄養教育の実践
5章 栄養教育の評価
 1. 日常生活と統計学
 2. データをまとめて報告する
 3. 具体的にデータを使った演習
6章 ライフステージへの応用
 1. ライフステージ別栄養教育のあり方
付録 レポート(論文)の書き方