幼児体育

よい動きを引き出すための

幼児体育

青野光子松本典子 編著
遠藤知里小黒美智子西島大祐平野朋枝松本尚 共著

B5/並製/160ページ

発行年月日:2011年3月25日

定価: 2,052円 (本体価格:1,900円)

ISBN:978-4-7679-3285-9

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

現代の生活環境の変化は,子どもの戸外での運動遊びや日常生活における活発な身体活動を減少させ,心身の健康に重大な問題が生じており,子どもの「動きのぎこちなさ」が指摘されている。
保育の現場では,保育者が「どういう動きがよい動きであるか」をしっかり示すことのできる能力(示範能力)をもつことが必要である。
本書では,保育者養成校の先生方を執筆陣に迎え,実際に保育現場で指導した経験をもとに,子どものよい動きを引き出す視点についてイラストを交えながら解説する。

目次

第1編 幼児の発達と幼児体育の意義<理論編>
    第1章 現代社会における乳幼児の健康課題
    第2章 乳幼児期の発育・発達の特徴
    第3章 幼児教育における幼児体育(運動遊び)の意義
    第4章 幼児期の運動指導の留意点(ポイント)
    第5章 安全面の配慮

第2編 幼児の体育指導の実践例
    第6章 道具を使わない遊び
    第7章 表現・リズム遊び
    第8章 用具を使った遊び
    第9章 身近な素材を使った遊び
    第10章 器具を使った遊び
    第11章 固定用具を使った遊び
    第12章 季節の遊び・野外遊び
    第13章 親子の運動遊び
    第14章 指導計画案の作成例