保育の心理学ワークブック

保育の心理学ワークブック

本郷一夫 編著
鈴木智子進藤将敏糠野亜紀中村涼石山由美平川久美子八木成和山本有紀杉山弘子高橋千枝永房典之市川奈緒子飯島典子田淵創 共著

B5/128ページ

発行年月日:2014年1月30日

定価: 1,944円 (本体価格:1,800円)

ISBN:978-4-7679-5017-4

Cコード:C3037

<在庫あり> 

商品のお問い合わせ

書籍詳細

「保育の心理学Ⅱ」演習1単位用のテキスト。
子どもの発達理解,生活や遊びを通した子どもの学び,関係・連携の中での子どもの育ち,特別な支援が必要な子どもの保育について,14章に分けて構成する。
「保育の心理学Ⅰ」講義での学習内容にも簡単に触れた上で,事例を解題,各章末に演習課題とその書き込み欄を3~4題掲載し,理解を深めながら学習を進められる。

目次

Ⅰ 子どもの発達理解
 第1章 子どもの発達を理解する
 第2章 子どもの発達をとらえるための方法を知る
 第3章 育ちの連続性と思春期を見通した保育を考える
Ⅱ 生活や遊びを通した子どもの学び
 第4章 子どもの身体感覚を育てる
 第5章 子どもの認識を育てる
 第6章 子どもの感情を育てる
 第7章 子どもの自己を育てる
Ⅲ 関係・連携の中での子どもの育ち
 第8章 子どもと保育者の関係を育てる
 第9章 子ども同士の関係を育てる
 第10章 保育者間の協働を通して保育をつくる
 第11章 関係機関と連携して子どもを育てる―小学校への接続
Ⅳ 特別な支援ニーズのある子どもの保育
 第12章 障害のある子どもの保育
 第13章 「気になる」子どもを理解する
 第14章 保護者と連携して保育を進める