実践力を高める 成人言語聴覚療法ハンドブック

著 者
発行年月日
2021年6月15日
ISBN
978-4-7679-7101-8
Cコード
C3047
関連タグ
定価 3,080(本体価格:2,800円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub
  • rakuten

建帛社で購入

 買い物カゴに入れる

内容紹介

臨床現場で勤務する言語聴覚士に向けた一冊。

患者の全体像を包括的に捉える視点を通じ,多様化するリハビリ現場のニーズに応える実践力へとつなげる。

若手言語聴覚士の人材育成にも最適。

目 次

第1章 言語聴覚士をめぐる状況とこれから

1.言語聴覚士の役割とリハビリテーション

2.言語聴覚士を取り巻く社会状況

3.セラピストのなかの言語聴覚士

4.言語聴覚士の課題と可能性

                                                                                       第2章 全体像の理解

1.ICFの理解

2.参加を考えるための環境因子

3.参加を考えるための個人因子

4.ICFを活用した言語聴覚士のアプローチの考え方

第3章 疾患と経過の理解

Ⅰ 疾患を理解する必要性

Ⅱ 言語聴覚士の対象となる疾患の生理

 1.脳損傷

 2.進行性疾患

 3.認知症

 4.廃用症候群

 5.慢性閉塞性肺疾患

 6.悪性腫瘍(がん)

Ⅲ 病期による言語聴覚士の役割

第4章 認知機能の理解

1.言語聴覚士は認知機能をどう評価するか

2.行動観察から認知機能をどうとらえるか

3.認知機能の重症度をとらえる

4.神経心理学的検査を行う際の注意点

5.個別症状の理解

6.その他

7.まとめ

第5章 コミュニケーションの理解

1.コミュニケーションとは何か

2.コミュニケーションをとらえる視点

3.コミュニケーションの実用度と認知機能

4.コミュニケーションの実用度と失語症

5.コミュニケーションの実用度と構音障害

6.コミュニケーションの実用度と聴覚障害

7.まとめ

第6章 食事の理解

1.疾患事の自然経過

2.直接訓練開始基準について

3.在宅での食事の問題

4.在宅生活での機能の低下に対して

第7章 運動機能の理解

1.言語聴覚士と運動

2.運動の基本

3.言語聴覚士がかかわる運動に関連する問題

4.評価

5.基本動作

6.歩行補助具

7.装具

8.麻痺の回復と活動イメージ

9.転倒―認知機能と運動機能との関連

10.まとめ

第8章 ADLの理解

1.ADL(日常生活動作)とは何か

2.ADLのレベル

3.ADLの評価

4.IADL(手段的ADL)

5.ADLに言語聴覚士がかかわれること

6.まとめ

第9章 参加の理解

1.参加とは

2.リハビリテーション目標としての参加

3.意思疎通支援,意思決定支援と参加

4.ケースにみる言語聴覚士が行う参加の支援

5.まとめ

第10章 事例を通した理解

1.はじめに

2.事例紹介

3.急性期での経過

4.回復期での経過

5.生活期での経過(1~3年目)

6.生活期での経過(4~7年目)

7.事例のまとめ

8.まとめ

付章 訪問ではじめる小児の臨床

1.訪問言語聴覚士の増加

2.未経験の小児の臨床を訪問でスタートする

3.発達障害の臨床をはじめるにあたって

4.発達の里程を知る

5.遊びはそれ自体が目的となる

6.養育者との対話を通して

7.学び直しは言語聴覚士人生の大きな転機

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数
書籍名 成人言語聴覚療法ハンドブック
著 者
分 野
シリーズ
ISBN 978-4-7679-7101-8
Cコード C3047
定 価 3,080円 (本体価格:2,800円)
発行年月日 2021年6月15日
版型・装丁 B5 並製 2色
ページ数 144ページ
関連タグ