関連情報

2021/05/20 法律・統計 NEW

「日本食品標準成分表の改訂に伴う当面の対応に関する見解」が公表されました

「日本食品標準成分表の改訂に伴う実践栄養業務ならびに栄養学研究等に及ぼす影響と当面の対応に関する見解」が食品データベースに関する連絡・検討委員会(日本栄養改善学会・日本給食経営管理学会合同)より公表されました。

2020(令和2)年12月に公表された「日本食品標準成分表 2020 年版(八訂)」への切り替えに伴う,当面の対応についての見解および,エネルギー産生栄養素の計算方法が示されたものです。

リンク:日本食品標準成分表の改訂に伴う実践栄養業務ならびに栄養学研究等に及ぼす影響と当面の対応に関する見解(PDF) 

なお,現在開発中の新栄養価計算ソフト:Excelアドイン「栄養プラス」では,本見解に示されている「① 八訂成分表のエネルギー値と,エネルギー産生栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)の摂取量の推定に当たっては,八訂成分表のエネルギー計算で用いている成分を使う」に対応いたします。
本見解中で提案されている計算方法およびレイアウトの調整に対応し,簡便に適切な栄養素項目において栄養価計算を行えるようにするべく開発を進めております。