栄養学レビュー/マラボーシンポジウム 母体の栄養と児の生涯にわたる健康

著 者
発行年月日
2007年3月15日
ISBN
978-4-7679-6115-6
Cコード
C3047
関連タグ

専門書

定価 2,160(本体価格:2,000円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub

建帛社で購入(代金引換決済)

 買い物カゴに入れる

内容紹介

胎児期の妊婦の栄養は、後では取り返せない生涯の健康にかかわる。それにはどのようなメカニズムがはたらき、なぜ取り返しがきかないのかに焦点を当てたシンポジウム「栄養と人体発達」のプロシーディング。

目 次

栄養補給が着床と胎盤発達に及ぼす影響 栄養と妊娠のアウトカム 脳の発達と老化における必須脂肪酸の役割 乳幼児期の鉄欠乏と長期にわたる神経および行動への影響 胎児成長の制御と栄養 他

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数
書籍名 母体の栄養と児の生涯にわたる健康
著 者
分 野
シリーズ
ISBN 978-4-7679-6115-6
Cコード C3047
定 価 2,160円 (本体価格:2,000円)
発行年月日 2007年3月15日
版型・装丁 B5 並製
ページ数 120ページ
関連タグ