三訂 セミナー子どもの食と栄養

著 者
発行年月日
2021年4月20日
ISBN
978-4-7679-5127-0
Cコード
C3037
関連タグ
定価 2,970(本体価格:2,700円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub
  • rakuten

建帛社で購入

 買い物カゴに入れる

内容紹介

食を中心に子どもの成長・発達を支える保育の実践と問題解決力を培う演習を目ざす。食育,食物アレルギー,感染症等ニーズに即して改訂。

目 次

第1章 世界における子どもの栄養問題

1 日本の子どもの食生活の現状

2 世界の栄養問題と子どもの栄養不良の現状

3 子どもの栄養不足への国際的な取り組み

第2章 子どもにとって食・栄養がなぜ大切か

1 子どもは発育期にある

2 栄養は発育に大きく関与する

3 成長の評価

4 栄養状態の評価(栄養アセスメント)

5 食の自立に向けて食習慣を形成する

第3章 栄養の基礎知識と消化・吸収にかかわる器官とその発達

1 栄養の基礎知識

2 栄養にかかわる器官とその発達

第4章 栄養バランスのとれた食事とは

1 日本人の食事摂取基準(2020年版)と小児期の特徴

2 子どもの食事と栄養バランス

第5章 胎児期の栄養と母体(妊娠・授乳期)の栄養と特徴

1 胎児期の栄養

2 妊娠期の代謝

3 妊娠期の栄養障害・疾病と胎児への影響

4 授乳期の栄養

第6章 乳児期の栄養・食生活の特徴

1 母乳栄養

2 人工乳栄養,人工栄養

3 混合栄養

4 乳児の食育の考え方

5 離乳食

6 乳児期の栄養障害・食生活上の問題と対応

7 乳児期からの口腔ケア

8 離乳期の保育の考え方

第7章 幼児期の栄養・食生活の特徴

1 成長と発達

2 食習慣の形成

3 食生活上の問題

4 幼児期の食事

5 幼児期の食育の実際

6 幼児期に伝えたいこと

第8章 学童期・思春期の栄養・食生活の特徴

1 発育の特徴

2 栄養の特徴

3 心身の発育・健康と食のかかわり

4 食生活上の問題点と対応

5 生涯の健康と学童期・思春期の食とのかかわり―生活習慣病の予防に向けて

第9章 食育の基本

1 食育における養護と教育

2 食育の内容と計画・評価

3 食育のための環境

4 地域の関係機関・職員間の連携

5 食生活の指導

6 食を通した保護者支援

第10章 子どもの食事と栄養

1 家庭における食事と栄養

2 児童福祉施設における食事と栄養

第11章 子どもの疾患と栄養

1 子どもの疾患の特徴

2 出生時の問題と新生児マススクリーニング検査

3 乳幼児期の問題

4 子どもの罹患時によくみられる症状(非特異的症状)

5 子どもに多くみられる感染症

6 子どもに多くみられる疾患

7 生活習慣病。アレルギー,貧血

8 障害のある子どもの食事と栄養

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数
書籍名 三訂 セミナー子どもの食と栄養
著 者
分 野
シリーズ
ISBN 978-4-7679-5127-0
Cコード C3037
定 価 2,970円 (本体価格:2,700円)
発行年月日 2021年4月20日
版型・装丁 B5 並製 2色
ページ数 224ページ
関連タグ