小学校図画工作科教育法

小学校図画工作科教育法

著 者
発行年月日
2018年3月30日
ISBN
978-4-7679-2113-6
Cコード
C3037
関連タグ
定価 2,592(本体価格:2,400円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub

建帛社で購入(代金引換決済)

 買い物カゴに入れる

内容紹介

平成29年版学習指導要領準拠の小学校教員養成校向け教科書。
大学の講義に対応した15章立てで構成し,多くの図表と用語解説,指導案を配してわかりやすく記述。
各章末にコラム「発展的実践への手立て」を掲載。

目 次

第1章 図画工作科教育のベース
1.人類にとっての造形活動と図画工作
2.小学生が大好きな図画工作の課題
3.図画工作を「好き」になる二つの主因
4.「大切」と思われない四要因と改善策
5.図画工作「不要論」日米での歴史的な経験
6.21世紀の二大危機を救う図画工作学習

第2章 個性概念と造形表現の発達
1.21世紀における図画工作教育の原点
2.発達の概念と「個性」の形成
3.子どもの造形活動の発達

第3章 学習指導要領の発展と図画工作
1.学習指導要領の意味
2.学習指導要領の歴史的変遷(昭和22年~平成20年)
3.平成29年版学習指導要領改訂の主な内容

第4章 児童の造形と造形遊びの指導
1.遊びの意義と児童の造形活動
2.造形遊びとは何か
3.造形遊びの内容

第5章 心象表現と絵の表現指導
1.絵の概念と子どもの絵の心象表現
2.絵に表す活動とは何か
3.低・中・高学年の絵の授業の実際

第6章 空間認識と立体の表現指導
1.空間感の形成と子どもの立体表現
2.立体に表す活動とは何か
3.低・中・高学年の立体表現授業の実際

第7章 適応表現と工作の表現指導
1.自律的に生きぬく人間像と適応表現
2.未来を拓く中央教育審議会の答申と小学校学習指導要領
3.子どもが大好きな工作に表す活動と授業づくりのポイント
4.「工作に表す活動」に関する教材研究の実際
5.歴史への眼差し―工作・工芸教育の重要性に対する認識を深めるために―
6.世界への眼差し―工作・工芸教育発祥地:フィンランドの教育―

第8章 平面作品の鑑賞
1.文化としての鑑賞活動―表出描画の感受から表現意図への感得へ―
2.鑑賞指導における空間感の感受
3.心象表現の鑑賞指導
4.適応表現の鑑賞指導
5.子どもが学びに向かう鑑賞

第9章 立体作品の鑑賞
1.自然環境,生活環境における立体とのかかわり
2.立体作品の鑑賞の方法
3.立体作品の鑑賞に関する授業の実際

第10章 〔共通事項〕を踏まえた学習指導
1.図画工作における指導内容の構成
2.学習指導要領における〔共通事項〕の表記
3.学生の指導案から読み取る〔共通事項〕

第11章 可能性を伸ばす図画工作の評価
1.図画工作における評価とは
2.新しい学習指導要領と評価の観点
3.児童・教師の可能性を伸ばす評価を実現するために
4.可能性を伸ばす評価の実際(自己評価と相互評価)

第12章 伝統や文化に関する教育と図画工作
1.教育の目的と図画工作科における伝統や文化に関する教育
2.図画工作科と伝統や文化に関する教育の充実
3.鑑賞領域の改善と「生活の中の造形」(5・6年の鑑賞)
4.世代を超えた叡智の受け渡し

第13章 図画工作科における教科書・美術館の利活用
1.図画工作科における教科書の利活用
2.2.地域の美術館などの利用や連携の充実

第14章 国内外の美術教育研究の動き
1.国内外の美術教育研究の動きを学ぶ意義
2.日本と諸外国の美術教育研究(1945年以前)
3.日本と諸外国の美術教育研究の動き(1945年以降)
4.21世紀初頭の諸外国の美術教育事情と研究の視点

第15章 世界的・社会的視野での図画工作研究
1.世界的・社会的視野と図画工作
2.世界の図画工作カリキュラムと実践
3.社会に開かれた教育課程と図画工作

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数
書籍名 小学校図画工作科教育法
著 者
分 野
シリーズ
ISBN 978-4-7679-2113-6
Cコード C3037
定 価 2,592円 (本体価格:2,400円)
発行年月日 2018年3月30日
版型・装丁 B5 並製
ページ数 208ページ
関連タグ