新 現代保育原理 第3版

新 現代保育原理 第3版

著 者
発行年月日
2018年4月5日
関連タグ
定価 2,592(本体価格:2,400円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub

建帛社で購入(代金引換決済)

 買い物カゴに入れる

内容紹介

保育者が子どもを愛と信頼をもって育てるという考えの下,普遍の本質を守り育てる保育者養成のあり方を探求する。
2017(平成29)年の「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」改訂・改定に依拠した第3版。

目 次

第1章 保育とは
1. 保育の始まり
2. 人間形成の基礎を培う営み
3. 乳幼児期の独自性を尊重する営み

第2章 乳幼児期の発達
1. 発達とは
2. 乳幼児期の発達の特性
3. 発達の特性と保育
4. 乳幼児期の発達過程
5. 子ども理解

第3章 乳幼児の遊び
1. 乳幼児の生活における遊び
2. 遊びの意義
3. 遊びの理論
4. 遊びにおける保育者の援助

第4章 保育のねらいと内容
1. 保育内容を展開する基礎的理念
2. 保育内容の変遷
3. 領域と「ねらい及び内容」
4. 保育所,幼稚園や認定こども園の保育内容

第5章 保育の方法と形態
1. 保育の方法とは
2. 保育の方法の実際
3. 保育の形態

第6章 保育の計画とは
1. 保育の計画とは
2. 「全体的な計画」の編成
3. 指導計画の作成
4. 保育の評価と記録

第7章 幼児教育・保育を支えた人びとに学ぶ
1. 欧米の保育思想家たち
2. 日本の保育を築いた人びと

第8章 保育者の専門性とは
1. 保育者の専門性とは
2. 専門性としての「ふりかえる」こと・「協働する」こと・「学び続ける」こと
3. 保育者としての専門性を高める研修・自己啓発
4. 専門性としての子育て支援―子育ち・親育ちの支援であるために―

第9章 保育における現代的課題
1. 多様化する現代社会と保育
2. 保育における連携を考える
3. 保育の評価
4. 幼稚園と保育所の関係と認定こども園

この本をみた方に
おすすめの書籍

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数
書籍名 新 現代保育原理 第3版
著 者
分 野
シリーズ
ISBN 978-4-7679-5080-8
定 価 2,592円 (本体価格:2,400円)
発行年月日 2018年4月5日
版型・装丁 A5 上製
ページ数 248ページ
関連タグ