子ども家庭支援の心理学

シードブック

子ども家庭支援の心理学

  • 2019年度新保育士養成課程対応
著 者
発行年月日
2019年2月15日
ISBN
978-4-7679-5092-1
Cコード
C3037
関連タグ
定価 1,944(本体価格:1,800円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub

建帛社で購入(代金引換決済)

 買い物カゴに入れる

内容紹介

2019年度新保育士養成課程対応の教科書。

従来科目の「保育の心理学Ⅰ」「家庭支援論」「子どもの保健Ⅰ」の内容が盛り込まれる。

まえがき

はしがき

 子どもは社会に生まれ,社会の中で育つ。その中で子どもにとって最初に出会う最も身近な社会が家庭であろう。家庭の中での保護者やきょうだいなどとのやり取りを通して子どもは発達していく。そのような,家庭における子どもの発達と家族の役割について学ぶことが本書『子ども家庭支援の心理学』の目的である。

 この科目は保育士養成課程の見直しに伴う「教授内容の再編等」によって新たに設置された科目であり,従来の「保育の心理学1」,「家庭支援論」,「子どもの保健1」の内容が盛り込まれている。そのため,多様な内容が含まれ,それらを包括的に習得することが科目のねらいとされている。

 本書は13章から構成されている。明確な区分が設けられているわけではないが,学びの狙いの観点から内容的には大きく3つに分けることができる。まず,第1章~第3章では,乳幼児期から老年期までの人の発達過程を知ることを通して,生涯発達に関する心理学の基礎的な知識を習得することを狙いとした。次に,第4章~第9章では,現代社会における家族・家庭の意義や機能を理解するとともに,子育て家庭をめぐる現代の社会的状況と課題について学ぶことを狙いとした。さらに,第10章~第13章では,子どもの心身の健康と保健について理解し,子どもの生活環境,子どもの精神疾患や障害,大災害時の子どもの精神的健康などについて学ぶことを狙いとした。

 このような意図のもとに企画された本書を利用して,子どもの現在の姿を形づくっている発達や家庭環境を理解し,子どもや子どもを取り巻く人々の発達と健康を支援する保育者・教育者に育ってくれることを願う。

 最後に,本書の企画,編集に際して建帛社編集部の方々には大変お世話になった。本書の構想段階から温かく見守り,迅速で適切な対応をしていただき,ここに心から感謝の意を表したい。

 2019年1月

編者代表 本郷一夫 

目 次

第1章 乳幼児期から学童期にかけての発達の特徴
1.乳児期の発達特徴
2.幼児期の発達特徴
3.学童期の発達特徴

第2章 思春期から青年期の発達の特徴
1.思春期と青年期
2.思春期以前の人間関係
3.第二次性徴の開始
4.思春期の親子関係の変化
5.思春期における仲間関係の展開
6.狭義の青年期と心理社会的モラトリアム
7.アイデンティティ
8.アイデンティティ・ステイタス

第3章 成人期から高齢期の発達の特徴
1.成人期の発達
2.高齢期の発達

第4章 家族システムと家族発達
1.保育環境と家庭環境
2.家族の構造と機能
3.家族システムに影響を与えるもの―生態学的システム理論―
4.家族の発達

第5章 親としての養育スタイルの形成過程と世代間伝達
1.日本の子育て環境の悪化
2.親としての養育スタイルの形成過程
3.愛着の世代間伝達

第6章 子育て環境の社会状況的変化
1.世帯人数から見た戦後日本の家族の変遷
2.第1期:大家族と地域社会における子育ての時代
3.第2期:高度経済成長における産業構造の変化
4.第3期:家族の矮小化・最小化の時代へ
5.まとめ:現代日本社会における子育て家族の諸課題と支援の意味

第7章 ライフコースとワーク・ライフ・バランス
1.子育て期のワーク・ライフ・バランス
2.ワーク・ライフ・アン(・・)バランスとストレス
3.ワーク・ライフ・バランスをはばむもの
4.なぜワーク・ライフ・バランスが求められるのか

第8章 多様な子育て家庭への支援
1.育児不安をもつ家庭
事例1  ◆支援のポイント
2.育児サポート環境のない夫婦共働き家庭
事例2  ◆支援のポイント
3.孤立しがちな家庭
事例3  ◆支援のポイント

第9章 特別な配慮を必要とする家庭への支援
1.貧困家庭
事例1  ◆支援のポイント
2.虐待の疑いがある家庭
事例2  ◆支援のポイント
3.親が精神障害や疾病を抱える家庭
事例3  ◆支援のポイント
4.外国にルーツをもつ家庭
事例4  ◆支援のポイント
5.関連機関との連携・協働

第10章 子どもを取り巻く生活環境と心身の健康
1.基本的生活習慣
2.事故防止と安全確保

第11章 子どもの心と健康
1.子どもの心の健康の基礎知識
2.幼児期・学童期にみられる主な精神障害
3.子どもの心の健康を保つために

第12章 障害のある子どもの理解と対応
1.知的障害
2.発達障害

第13章 災害と子ども
1.災害と精神的健康
2.東日本大震災直後の子ども
3.保護者をめぐる問題
4.保育者に求められること

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数 シードブック
書籍名 子ども家庭支援の心理学
著 者
分 野
シリーズ シードブック
ISBN 978-4-7679-5092-1
Cコード C3037
定 価 1,944円 (本体価格:1,800円)
発行年月日 2019年2月15日
版型・装丁 A5
ページ数 160ページ
関連タグ