クッカリーサイエンス 009

食を支えるキッチングッズ ―調理用具,電気・ガス機器とつき合う―

著 者
発行年月日
2018年8月1日
ISBN
978-4-7679-6200-9
Cコード
C3077
関連タグ

専門書

定価 1,760(本体価格:1,600円) 在庫あり

オンライン書店で購入

  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • e-hon
  • HonyaClub
  • rakuten

建帛社で購入

 買い物カゴに入れる

内容紹介

家庭内食を後押しし,調理を支援する「調理用具・機器」の目覚ましい進化とその活用法を丁寧に解説。理解しやすくイラストを多数掲載。

目 次

第1章 台所道具から調理機器へ
1 料理の始まり
2 台所道具のルーツ
3 台所作業の変遷
4 文明開化による台所道具の変換
5 台所からキッチンへ
6 システムキッチン
7 台所道具から調理機器への変遷
8 調理機器仕様の多様化
10 戦後の経済成長と台所革命
11 いき過ぎた欧米化と和食離れ

第2章 食品の冷却保存と準調理操作
1 定温による食品保存のメリット
2 冷凍冷蔵庫の多機能化
3 冷蔵庫の冷却原理と環境対策
4 冷凍冷蔵庫の利用
5 冷凍庫の有効活用
6 加熱前の準備調理操作
7 準備操作に使用する調理用具と調理機器
8 電動カッターによる切断と摩砕
9 泡立て記からハンドミキサーへ
10 フードプロセッサー,ハンドブレンダーによる切砕

第3章 主要熱源の多様化
1 加熱調理法の日欧企比較
2 加熱用熱源の変遷
3 ガスこんろと電気こんろの強豪
4 ガスこんろの安全対策
5 電磁調理器とIHクッキングヒーター
6 電磁調理器とIHクッキングヒーター
7 加熱調理用熱源と使用温度帯
8 火力,鍋の大きさ,形状と熱効率
9 加熱調理中における熱の移動と伝熱法

第4章 伝統調理を変えた炊飯器の登場
1 水を媒体とする湿式加熱調理
2 湿式調理に使う鍋類
3 鍋の形状と材質
4 鍋の材質と使い分け
5 炊飯器の誕生と普及
6 炊飯のコツ
7 炊飯器の有効利用
8 圧力鍋と保温鍋

第5章 洋風調理の導入と焼き物機器の普及
1 直火焼きと間接焼き
2 焼き物用機器類
3 テーブルクッキングと卓上加熱機器
4 トースターとオーブン
5 オーブンとコンベクションオーブン
6 グリルとロースター
7,揚げ調理と炒め調理

第6章 時短調理を可能にした電子レンジ
1 電子レンジの変遷
2 電子レンジの改良
3 電子レンジの加熱原理
4 マイクロ波加熱の特徴
5 電子レンジの使用実態と安全性
6 電子レンジの有効活用
7 電子レンジの調理上の留意点
8 加熱水蒸気の役割
9 調理用包材の種類と役割
10 プラスチック素材の電子レンジ適性

第7章 複合仕様の調理機器,省エネ機器など
1 餅つき機
2 パン焼き器
3 電気ポット類
4 コーヒーメーカー
5 食器洗い乾燥機
6 再生可能エネルギーの現状と展望
7 省エネ型LED電球


この本をみた方に
おすすめの書籍

書籍に関する
感想・お問合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、一旦ご確認された上で送信ボタンをクリックしてください。
なお、ご返信さしあげるまでに数日を要する場合がございます。

書籍情報

シリーズ名・巻数 クッカリーサイエンス 009
書籍名 食を支えるキッチングッズ
著 者
分 野
シリーズ クッカリーサイエンス
ISBN 978-4-7679-6200-9
Cコード C3077
定 価 1,760円 (本体価格:1,600円)
発行年月日 2018年8月1日
版型・装丁 四六判 並製
ページ数 146ページ
関連タグ